2019年2月20日水曜日

トルコ美人続々登場。


 BS日テレで放送しているオスマン帝国外伝。

 ウィークデイは録画したものを夕食を取りながら見ています。

 内容もとても面白いんですが、トルコ美人がたくさん出ているのがいいです。

 アジア系とヨーロッパ系が混ざったような顔立ちで、日本人の私にとっては西洋人よりも親近感を感じます。

 ところで、数年前にイスタンブールへ行った時には美人を見た記憶がありません。

 テレビ番組には相当選抜された女優さんが出ているんでしょうね。

 因みに、私はヒュッレム役の女優はあまり好きではありません。

 彼女の演じるヒュッレムの言動も影響しているのかもしれませんが。

 しかし、あんな美人に囲まれて暮らしたらいいでしょうね。

 夢想してしまいます。

2019年2月19日火曜日

やはり仕事は嫌だった。


 スリランカ旅行で4日間仕事を休みました。

 土日祝日を入れると9連休です。

 久しぶりに仕事に行ったところ、やはりものすごく嫌でした。

 働くこと自体が大嫌いですし、職場の生意気なガキにも腹が立つ。

 リタイアしたい気持ちが募ります。

 しかし、最低でも金融資産1億円までは何とか粘らねば。

 現時点でも将来受け取る年金を考慮すれば(しなくても)経済的自由は達成しているんですけどね。

 だましだましやっていきます。

 しかし、本当に働くのはしんどいです。

 就職後すぐ辞めたり、病気になったり自殺したりする人がいるのも無理ないです。

 私はそうはならないよう注意せねば。

2019年2月18日月曜日

ツナ缶に愛着を感じる。


 201510月に購入したツナ缶ことセイコープロスペックスマリーンマスターSBBN031

 購入後しばらくはお気に入りでした。

 しかし、次のような理由であまり好きではなくなってしまいました。

 ・シルバーではなくピンクゴールドの方がかっこいい。

 ・サファイアガラスではないため光って見にくい。

 ・針の形が好みでない。

 ・クォーツでなくスプリングドライブの方がいい。

 ところが、先日仕事帰りにツナ缶を腕にしているとき、妙な愛着を感じました。

 この腕時計は私にとって大切なものなんだと実感しました。

 購入後3年4か月ほどたって初めてです。

 縁があって入手したものですから、末永く使いたいです。

 後20年は大丈夫かな?

 こんなことを考えていてスプリングドライブのダイバーズウォッチが欲しくなってきました。

 しかし、グランドセイコーSBGA229は高くて運動している時には腕にしにくいからなあ。

 まあ、今は最も買う金がありませんが。

 こんな風にあれこれ悩むのも楽しみです。

2019年2月17日日曜日

slimオール・カントリー12億円に。


 設定以来3か月、1月末でeMAXIS Slim全世界株式(オール・カントリー)の純資産総額が12億円を超えました。

 1か月にすると4億円のペースです。

 この分ですと、1年で50億円くらいには行きそうです。

 思ったほど資産額増加のペースは速くありませんが、小さく生んで大きく育てるということでいいんじゃないでしょうか。

 1年で50億円、5年で300億円、10年で1000億円くらいがちょうどいいと思います。

 長期的には楽天VTを抜いて欲しいです。

 私はこのslimオール・カントリーに全力で投資しています。

 商品と一緒に私の資産額も大きく伸びて欲しいものです。


2019年2月16日土曜日

機械式は高精度でないと。


 私は現在7つの腕時計を腕時計として使っています(他に2つを置時計として使っています)。

 これらの腕時計を順番に使うので、旅行に行くとき以外は同じ腕時計を2日以上続けて腕にするということはありません。

 海外へはセイコーアストロンSBXA021をして行きます。

 国内旅行の際はロレックスサブマリーナー114060を腕にして出かけます。

 サブマリーナーはかなり精度が高いので、10秒進めておけば1週間程度は大丈夫です。

 では、セイコーメカニカルSARB035だとするとどうでしょうか?

 こちらのキャリバー6R15は最近、1日で-25秒遅れます。

 5日間だと2分半ほど狂うことになります(ただし、毎日同じ時間遅れるとは限りませんし、時には進むこともあります。要は信頼が置けません)。

 これでは1日だけ使うのならいいですが、国内とはいえ旅行には持参できませんね。

 電車に遅れてしまうこともあり得ますから。

 ということで、機械式腕時計を購入する場合は、価格はどうしても高くなってしまいますが、実用面を考えると高精度の物がよいという結論になります。

 セイコー5に代表される低精度の機械式腕時計は電車に乗らない休日限定ということになりそうです。

 ただし、自動車で移動する場合は低精度のキャリバーでもいいかもしれません。

2019年2月15日金曜日

帰ってきました。


 今朝7時過ぎに成田に着き、行きつけの接骨院でマッサージをしてもらい、昼食後にジムで軽く運動をし、15時前に帰宅しました。

 コーヒーを飲みながら映画を見た後、3時間ほど昼寝をしました。

 バンコクからの便は、搭乗時間が5時間で2時間程度しか眠れませんでしたので睡眠不足でした。

 スリランカでは、最後に空港で悪徳ポーターに500ルピーむしり取られましたが、財布をすられるなどの決定的なミスではなく、まあ許容範囲です。

 もちろん今後に生かしますが。

 スリランカ旅行行ってよかったです。

 次は5月の連休にネパールへ行きたいと考えています。

2019年2月14日木曜日

スリランカ雑感


 今、コロンボのホテルです。

 間もなくチェックアウトして空港に向かいます。

 帰国前に今回のスリランカ旅行で感じたことを記載して記録とします。

 ・スリランカ人は優しくて誠実な人が多い。

 仏教徒が多いからでしょうか、スリランカには優しい人が多いように感じました。

 自動車事故があると野次馬ではなく本当に心配そうに見ています。

 トゥクトゥクでもお釣りをごまかされることはありません(Pick meを利用したからかもしれません)。

 ・スリランカには産業がない。

 そこそこいい自動車がいっぱい走っているのでその収入の元が気になるのですが、シーギリアに行った際のガイドさんに聞いたところ、産業は農業くらいだそうです。

 後は観光ですかね。

 いい人が多いように感じますが、資源もなく今後の発展は厳しいように思います。

 ・日本車の比率が高い。

 日本よりも日本車の比率が高いです。

 トヨタ、ホンダ、スズキそして日産、マツダ、三菱の順でしょうか。

 町じゅう日本車だらけです。

 ・美人は少ない。

 滞在中スリランカ美人にあったのは2回だけです。

 きれいな人は少ないですね。

 ・気候は暑いが日本の真夏ほどではない。

 スリランカは常夏の国で暑いです。

 しかし、暑いと言っても30度くらいで、日本の真夏の35度というのはありません。

 日本の真夏の方が熱帯のスリランカよりも暑いですね。

 ・所得水準は低いと思われる。

 外人向けは高いですが、バス代やショッピングセンターの品揃えを見ると所得水準は低いと思われます。

 セイコー5向けの国ですね。

 ・インドより旅行しやすい。

 私がインドへ行ったのはもう20年近く前になりますが、本当に大変でした。

 スリランカはインドにとても近いですが、衛生状態や治安も比較的よく、人間も信頼できるように感じます。

 旅先としては悪くないと思います。

 私がスリランカで感じたことは以上です。

 今のところ下痢になることもなく無事に過ごせています。

 帰宅まで気を抜くことなく慎重に行動します。